フォーカスする事

サッカーの本質はご存知のはずです。

 

サッカーの本質をとらえて、チームを強くするためにはどこから手をつけていけばよいでしょうか。

 

それは、焦点つまりフォーカスを絞って、優先順位をつけていく事です。
フォーカスしたら、効果がでるまでぶれないように指導する事。

 

コーチングの鉄則です。
指導者もガマンが大切ですね。

 

トラップミスを見つけたら、トラップの練習をして、パスミスを見つけたらパス練習をする。
これでは、ランダムコーチングになり、もっとも効率の悪いトレーニングと言えます。

 

練習が終わったあとに子供たちが今日の練習の内容をキチンと説明出来るぐらいの
練習方法が理想です。

メニューを複雑にしない

さあ練習だ。
まず、練習方法を説明するぞ・・・・

 

長々と説明した後に、子供たちはイキイキとトレーニングを開始していますか。
簡単なメニューが出来ないのに、複雑なメニューはこなせません。

 

簡単なメニューでも、指導方法ひとつで

いろいろな「気づき」を与える


ことが出来ます。

 

例えば、2対2でボールをキープするトレーニング方法がありますね。
とてもよい練習方法です。しかし、シンプルすぎて軽んじられているメニューと言えるかもしれません。

 

たとえば、2タッチ制限やドリブル無しなどにするとボールがとても回るようになります。
逆に、トラップミスやパスミスが目立つようになります。

 

メニューは同じでも、何を身につけるのかはっきりすることが大切と言えるでしょう。