少年サッカー上達法の情報を紹介します

サッカーは足を使うスポーツ

子供たちひとりひとりの「個」が伸びなければ、チームが強くなることはありません。

 

「個」を育てるとはどういう事?

 

それは、個人のスキルアップです。
サッカーの本質は何でしょう。

 

そうです、手以外のところでボールを扱うことです。

 

足でボールを扱うのがサッカーですね。
では、どういう練習をすればいいのでしょうか。

 

足を手のように扱えるようになることがひとつの目標と言えます。
サッカーでは、足でボールを扱う時に、必ず片足で立つようになります。
ここに注目しているコーチなら、サッカーのトレーニングで大切なものが何かわかるのでは
ないでしょうか。

 

 

 

 

 

サッカーは相手と争うスポーツ

サッカーではボールを持つと相手が奪いに来ます。

 

ボールを奪われるとゴールに入れられてしまうので、ボールを奪われないようにしなければなりません。

 

相手がいる事を前提にトレーニングする事が大切です。

 

まず、ボールを奪われないこと、そして、相手のボールを奪うこと。
これを抜きにトレーニングは語れません。

サッカーは味方がいるスポーツ

相手がいますが、味方もいます。

 

味方にパスをする、味方からパスをもらう。

 

コミュニケーションが大切です。

 

相手にボールを奪われないように、味方どうしてボールを支配する。

 

相手ボールを味方と協力して奪いにいく。
これもトレーニングには大切な事です。